SHAKER KITCHEN

Vol.04 | 鈴木様邸(神奈川県横須賀市)

an EXAMPLE

キッチン実例

NEW VOL.16 ≫

VOL.15 ≫

VOL.14 ≫

VOL.13 ≫

VOL.12 ≫

VOL.11 ≫

VOL.10 ≫

VOL.09 ≫

VOL.08 ≫

VOL.07 ≫

VOL.06 ≫

VOL.05 ≫

VOL.04 ≫

VOL.03 ≫

VOL.02 ≫

VOL.01 ≫

100年後アンティークになるキッチン。この考えに共感しました。

マンションのリフォームを計画中の鈴木様がご来店されたのは昨年の春頃。鎌倉中が美しい桜で彩られ、多くの観光客で賑わっていた時期でした。
ある雑誌に掲載されていた私共のシェーカーキッチンに目が留まりホームページをご覧になられご来店頂いた鈴木様。もともとイギリスが好きで旅行で宿泊した「THE BECKFORD ARMS」の客室をイメージしてリフォームを計画していた鈴木様の目にはシェーカーキッチンはまさにピッタリのキッチンだったようです。

外の景色を楽しむ

リフォームの際にテーマとしていたのは
“3C=Country , Contemporary , Cozy”
つまり田舎的なんだけど、都会的な要素も含まれた心地よい空間。。。 このテーマに沿ってリフォームは進められました。
キッチンにもテーマである”3C”は生かされています。例えば、ハンドル。普通すべて同じハンドル(ノブ)にする事が多いのですがあえてミックス。カントリーな雰囲気のマホガニーの木ノブと、都会的なクロームのハンドルを併用する事で洗練されたキッチンに仕上がりました。
キッチンを検討するに当たり、一番大事にしたのは”見た目”という奥様はシェーカーキッチンのデザインや色の美しさに魅かれたようです。
特に色は、「想像以上に美しかった!」と絶賛頂きました。

ログハウスに見えないログハウス

趣味は旅行という鈴木様は、海外を旅する事も珍しくなく 海外特にヨーロッパで感じたインテリアの経験がキッチンを決める際にも役立ったようです。
洗練され、上質なヨーロッパのインテリアに触れる機会が多いと、知らず知らずのうちに本物を見極める目が養われます。そのインスピレーションを大切にした事が、今回の素敵なリフォームの完成につながったのではないかと思います。

外の景色を楽しむ

料理は主に奥様が行い、キッチンに立つ奥様を、ご主人様はリビングから眺めているとのこと。
リビングの奥にダイニングキッチンがある間取りの為、リビングからキッチンの側面が視界に入ります。その時キッチンの側面を見る度に「いいキッチンだな~」と思うと語っていただきました。

レンジフード
ご主人様が特注でオーダーされたレンジフード。深い色合いがとても素敵です。

エプロンシンク
システムキッチンにはない温もりとデザイン性。奥様お気に入りのシンク。

モールディング
奥様こだわりのモールディング。このモールディングのおかげで部屋のグレードが上がりました。

横須賀をあとにして

「多くの人にいいキッチンを選んでもらいたい」

取材をしているとお二人のインテリアに対するこだわりがひしひしと伝わり、本当にインテリアがお好きなんだなと感心したひと時でした。
「本当にシェーカーキッチンを選んでよかったです。人生の中で何回もする買い物ではないので、もっと多くの人にいいキッチンを選んでいただきたいですね」
と奥様が最後に話された言葉が印象的で私達ももっと頑張らないといけないと改めて感じました。