SHAKER KITCHEN

Vol.11 | 神奈川県伊勢原市 福田様邸

an EXAMPLE

キッチン実例

NEW VOL.17 ≫

VOL.16 ≫

VOL.15 ≫

VOL.14 ≫

VOL.13 ≫

VOL.12 ≫

VOL.11 ≫

VOL.10 ≫

VOL.09 ≫

VOL.08 ≫

VOL.07 ≫

VOL.06 ≫

VOL.05 ≫

VOL.04 ≫

VOL.03 ≫

VOL.02 ≫

VOL.01 ≫

ほんとによかったです!!

この秋(2014年)伊勢原市にご新築された福田様。春に弊社の綱島工場(WORKSHOP&SHOWROOM)にご来店されシェーカーキッチンを気に入っていただきました。
キッチンは家具とは異なり購入後の取替えが効かないとても重要なインテリアアイテムです。
福田様もキッチンにはこだわりがあり、今回のキッチンも福田様のご要望が詰まったものとなりました。
納品後福田様から冒頭の言葉を頂け、ご新居での新しい生活のお役にたつ事ができてよかったです。

家族との会話が弾むアイランドキッチン

キッチンのスタイルにはI型をはじめ、L型、Ⅱ型など色々なスタイルがございますが今回福田様がお選びになられたのは島のようにキッチンが独立する「アイランド型」のキッチンです。
通常のキッチンよりも奥行きが深くダイニング側にスペースをとることができる為、キッチンを囲んで食事や会話を楽しんだりできます。

「たっぷり収納できるバックボードは名脇役」

アイランドのキッチンの後ろには、家電製品や食器を収納するのに重宝する収納庫、いわゆるキッチンバックカップボードをウォールキャビネットとともに配置いたしました。
バックボード自体は収納力を考え引出しを多くし、左端はゴミ箱のスペースとしてオープンにし使い勝手を重視しました。

「清潔な白を基調とした明るい色合い」

お部屋は全体的に木などのナチュラル素材を使った明るい空間で、キッチンもその空間に溶け込むかのような清潔感のある白で統一されました。
キッチンの顔である天板(ワークトップ)は石目調の人工大理石とし、見た目と実用性を兼ね備えております。

ハンドメイドで作られる陶器のシンク

毎日使用するキッチンの中で特に気を使いたいシンク周り。。
福田様のキッチンにはイギリスSHAWS社のハンドメイドの陶器シンクが大活躍。
実用的であり、温かみがあってとてもお勧めです。

「ドアはお部屋のインテリアのグレードを決める重要アイテムです」

キッチンだけに限らず、インテリアドアにも福田様のこだわりが見え隠れします。
日本では大量生産されたインテリアドアがほとんどでどれも味気ないものですが一つ一つの表情が異なる無垢のドアはそれだけで存在感があります。

福田様宅をあとにして

「自然に囲まれたロケーションでの温もりある暮らし」

とても明るく素敵な福田様ご夫妻。施工中は色々とお気遣い頂きありがとうございました。
奥様の感性が反映されたご新居は自然豊かなロケーションにあり温かくとても居心地のよいものでした。
その素敵なご新居のメインの場所に私達のキッチンや家具が選ばれた事を光栄に思います。
どうかご家族皆様で末永くお使い下さいませ。