SHAKER KITCHEN

Vol.13 | 神奈川県 林様邸

an EXAMPLE

キッチン実例

NEW VOL.18 ≫

VOL.17 ≫

VOL.16 ≫

VOL.15 ≫

VOL.14 ≫

VOL.13 ≫

VOL.12 ≫

VOL.11 ≫

VOL.10 ≫

VOL.09 ≫

VOL.08 ≫

VOL.07 ≫

VOL.06 ≫

VOL.05 ≫

VOL.04 ≫

VOL.03 ≫

VOL.02 ≫

VOL.01 ≫

朝起きて、キッチンで過ごすのがとても楽しみです!

今年1月に東京目黒ショールームにお越し頂いた林様ご夫妻。築27年のご自宅のキッチン周りのリフォームを考えておられました。ただ、リフォームは計画してるが工務店を決める前に好きなキッチンにしたいという要望から弊社にご来店頂けました。まさに私達がお勧めするキッチンから全体を決めていく「アウトプットモデルのリフォーム」を実践されています。

シェーカーキッチンを見て一目で気に入りました

キッチンの候補は数社あり、ほぼ他社のキッチンで固まっていた所、シェーカーキッチンをご覧になり一目で気に入って頂けトントン拍子にご契約にいたりました。その後弊社ご紹介のリフォーム会社とリフォームのご契約を行ない6月完成となりました。今回はL型キッチンとアイランドカウンター、洗面台、それに洗濯機を覆う造作キャビネットとカップボードのご提案でしたが完成後はため息がでるような完成度で、海外のキッチンルームのような仕上がりでした。

木を使った物がすきなんです

仕事柄海外での生活が多く、ご自宅も輸入住宅で建てられた林様。ご主人様は特に木が好きでキッチンを選ぶ際にも奥様より厳しい目を持たれておりました。料理好きの奥様と、本物を見抜く目を持ったご主人様に選ばれたシェーカーキッチンは使う程により活きていきます。

食事の準備をしたり、洗濯物を畳んだりとても便利

今回特にこだわったのは、キッチンの後ろに配置するアイランドカウンターです。島の形から「アイランド」と呼ばれるこのカウンター。非常に便利で、特に料理が好きな方は必ずと言っていい程設置されています。パンをこねたり、野菜をカットしたり、盛りつけしたりと料理でも大活躍ですが、洗濯物を畳んだり、家事を行なったりと多様な使い方を林様からお教え頂きました。キャビネットには引き出しをつけたり、扉をつけたり、シェルフにしたりとデザインはお好みでアレンジできます。

壁がなくなりすっきりとしました

SHAKER KITCHEN & RENOVATION はキッチンからインテリアを決めていくアウトプットモデルのリノベーションです。林様のお宅も当初キッチンルームと洗面所を隔てる壁がありましたが、その壁を撤去し一つの大きな空間にリノベーションいたしました。そこではキッチンだけでなく洗濯機を覆うキャビネットカバーや洗面台、壁面一面に造作したウォールキャビネットもお造りし空間全体をまとめました。このように完成後を見てみると、キッチン他造作家具の印象が空間を決める大切な要素になっているのがわかります。床や壁の仕上げ材も大切ですが、やはりキッチンの存在は無視できません。

林様宅をあとにして

「思った以上の雰囲気で大満足です」

林様のキッチンは実はシェーカーキッチンをベースにしたオーダーメイドキッチンの仕様となっております。
シェーカーキッチンのシンプルさにもう少しフレンチの要素を取り入れ、装飾を付け加えた林様オリジナルのデザインです。
塗装もペイント塗りつぶしでなく、木目の見えるホワイトオイル塗装を選ばれました。
理想のキッチンの完成に、「思った以上の雰囲気で大満足です」という感想を頂け担当したスタッフ並びに製作した職人も喜んでおります。
本当に良い物は、使って始めてその良さが分かるものです。
ぜひ林様にはどんどん使って頂きその風合いを楽しん頂きたいと思います。