SHAKER KITCHEN

Vol.18 | 広島県 S様

an EXAMPLE

キッチン実例

NEW VOL.18 ≫

VOL.17 ≫

VOL.16 ≫

VOL.15 ≫

VOL.14 ≫

VOL.13 ≫

VOL.12 ≫

VOL.11 ≫

VOL.10 ≫

VOL.09 ≫

VOL.08 ≫

VOL.07 ≫

VOL.06 ≫

VOL.05 ≫

VOL.04 ≫

VOL.03 ≫

VOL.02 ≫

VOL.01 ≫

キッチンに立つ時間が幸せ

SHAKER KITCHEN

アイランド型:W2550×D900×H850

キッチンバックボード:W1800×D500×H850

実物は見てないけど、絶対このキッチンがいい

ご新居のリノベーションの際に弊社のシェーカーキッチンをお選び頂いたS様。実は一度も実物をご覧になられずご注文頂きました。
S様のお住まいの広島市は各キッチンメーカーのショールームもありキッチンの選択肢は多いはず。しかしこれらのシステムキッチンはS様の理想のキッチンとはほど遠く、諦めかけていた時にインターネットの検索で弊社のキッチンを見つけて頂きました。「実物はみてないけど、絶対このキッチンがいい」。その時直感的に思ったそうです。

ハンドルがとても気に入っています

S様がこだわったのはキッチンのデザインだけではありません。キッチンを構成する重要な要素であるハンドル(ノブ)にもS様の感性が光ります。今回お選び頂いたのは真鍮のノブとハンドル。devol社オリジナルのこちらの真鍮パーツは安価な真鍮ものに比べしっかりと厚みのある重厚なもの。色も独特な古色で本物感がひしひしと伝わってきます。

思ったより便利で使い心地が良いです

私達のキッチンはシステムキッチンのような便利さはなく、ハイテクでもありません。言ってみれば必要最低限の機能だけ残したアナログなキッチンとも言えます。ただ実際使ってみてシンプルな機能こそが便利な事に気付きます。S様も毎日キッチンに立つ度にその使い勝手の良さやキッチンから感じる心地よさを感じているようです。

木は好きなんだけどカントリーにはしたくない

私達のシェーカーキッチンは見た目には分かりませんが木をふんだんに使用しております。
木のもつ温かさは何物にも代え難い魅力を持っています。でもあまり木を強調するとカントリーなイメージが強くなるもの。木は沢山使用しているけど、デザインはどんなインテリアにもマッチするシンプルなデザイン。これがシェーカーキッチンの魅力なんだなと思います。

好きな物で埋め尽くしたインテリアが特徴

S様に今回のお部屋のインテリアのコンセプトは何かお伺いした所、「自分が好きな物で埋め尽くしたインテリア」とご回答頂きました。インテリアの本当の楽しさはたぶんその「好きな物に囲まれる事」にあると思います。テーマで分けると色々なスタイルがありますが、そのテーマの枠に納まらないS様のスタイルに共感致しました。

キッチンとカップボードの間に立つ時間が幸せ

一度も実物を見ないで高額なキッチンをご購入頂いたS様。なかなか勇気のいる決断だったと思います。
その気持ちに答えるべく、キッチンを作った職人や設計士、取り付け施工した大工さんみんなで造り上げたキッチンだと思います。
またこれから使う度に愛着も増していくと思います。どうか末永くご使用下さい。